1からトルコ語学んでみた

これから英語ですか?

仮定形(〜すれば) ①

 

 

f:id:kenthashi:20180601104947p:plain

 

 

【目次】

 

 

 

 

 

そろそろ文法も終わりが見えてきたか、、!

 

 

 

仮定形(〜すれば)

 

 

「この電車に乗れば

 

「今諦めれば

 

 

のように

 

 

「〜すれば」という

 

 

「仮定」の表現を学びましょう!

 

 

 

動詞の語幹に何をつければ

 

「仮定形」になるのか。

 

 

表をみてくださいー

 

 

 

◆「仮定形」 

 
e,i,ö,ü
a,ı,o,u
-語幹
-se
-sa

 

 

 

 

動詞の語幹に

 

 

「-se/-sa」を付ける!

 

 

これだけ!シンプル!

 

 

また、

 

主語が「一人称」「二人称」の場合には、

 

「仮定形」に

 

「人称接尾辞」を付けます。

 

 

 

過去形」にも付けてましたね〜

 

これです⬇︎

 

 ◆人称接尾辞

e,i
ö,ü
a,ı
o,u
ben
-m
-m
-m
-m
biz
-k
-k
-k
-k
sen
-n
-n
-n
-n
siz
-niz
-nüz
-nız
-nuz

 

 

 

例文みてましょう!

 

 

 

例文〜

 

 

ex)

・(私たちは)この電車乗れば、時間通り着くだろう

*tren(電車) bin-mek(乗る)

zamanında(時間通りに) var-mak(着く)

 

 

 

➡︎Bu trene binsek zamanında varacağız.

 

 

 

(「bin-」に「-se」が付いて、

 

「仮定形」になってますね。

 

そこに、

 

人称接尾辞「-k」が付いてます。)

 

 

 

 

・(君は)今それ諦めれば、後悔するだろう

*şimdi(今)vazgeç-mek(諦める) pişman ol-mak(後悔する)

 

 

➡︎Şimdi onu vazgeçsen pişman olacaksın.

 

 

 

(「vazgeç-」に「-se」が付いて、

 

主語が「Sen」なので「-n」が付く。)

 

 

 

 

・(私は)トルコ語話せればトルコ人恋人を作れるだろう。

*Türkçe(トルコ語) konuş-mak(話す)Türk(トルコ人

sevgili(恋人) yap-mak(作る)

 

 

 

➡︎Türkçe konuşabilsem Türk sevgilisini yapabileceğim.

 

 

 

(「konuş-」にまず「-abil」が付いて、

 

「可能語幹」になってます。

 

 

そこに仮定形「-se」が付いて、

 

さらに人称接尾辞「-m」が付きます。

 

 

このように、

 

「可能語幹」「否定語幹」など

 

様々な語幹から「仮定形」は作れます。)

 

 

 

(「トルコ人の恋人」は「AのB」の形なので、

 

 

「sevgili」には「-si」が付きますが、

 

「Türk」には「所有格」は付かないみたいです。

 

 

、、、なぜだろう。) 

 

 

 

こんな感じです!

 

 

英語で「仮定法」とかは

 

難しいイメージあるかもしれないけど、

 

 

トルコ語だと意外とシンプルで

 

覚えやすいかもね〜

 

 

 

以上っ!