1からトルコ語学んでみた

これから英語ですか?

可能の動詞(〜できる) ①

 

 

 

f:id:kenthashi:20180520144338p:plain

 

 

【目次】

 

 

 

 

どんどん進んでいきますよー

 

 

 

「可能」を表すには?

 

 

「彼はトルコ語を話すことができる

 

「私は速く泳ぐことができる

 

のように

 

 

「可能」を表現するためには

 

 

動詞の語幹

 

「可能の接尾辞」を付けます。

 

 

そうすると、

 

「可能語幹」が出来上がります。

 

 

前回の「受け身語幹」と同じことですね。

 

 

まずは表をみましょう〜 

 

 

◆可能の接尾辞

 
e,i,ö,ü
a,ı,o,u
-母音
-yebil
-yabil
-子音
-ebil
-abil

 

 

 

 まず、

 

動詞の語幹が「子音」で終わっていた場合は

 

 

動詞の語幹に

 

 

「-ebil/-abil」を付けます!

 

 

 

そして、

 

 

動詞の語幹が「母音」で終わっていた場合は

 

 

 

「-yebil/-yabil」を付ける!

 

 

「母音」が連続するから、間に「y」を挟んでいますね。

 

 

(なんか英語の「be able to~」の「able」に

 

ちょっと似てるから覚えやすいかも。)

 

 

 

まー例文みたほうが早いね!

 

 

 

 

可能語幹+中立形or現在進行形!

 

 

 

前回学んだ受け身語幹には、

 

「現在進行形」や「過去形」「完了形」など

 

様々な動詞の活用形が付いて、

 

文が成り立っていましたね。

 

 

一方、

 

 

この「〜することができる」という表現ができる

 

 

「可能語幹」には

 

 

基本的に

 

「中立形」「現在進行形」が付きます。

 

 

、、、

 

 

(ややこしくなってるのは、

 

「可能語幹」って、

 

つまりは単なる動詞の語幹なわけで、

 

そこに何かしらの動詞の活用形が付かないと

 

動詞が完成しないんだよね。

 

 

 

でも、

 

 

この「可能語幹」だけで「〜できる」っていう

 

表現ができるから、

 

その「可能語幹」に付く動詞の活用形は

 

どうするんだーってはなしね。)

 

 

 

まー細かい話は抜きにして、

 

「可能語幹」には

 

「中立形」「現在進行形」が付く!

 

って覚えとけばオッケー!

 

 

 

【注意】

 

 

「〜することができた」「〜できなければならない

 

などの表現をするときは

 

動詞の「過去形」だったり「義務形」だったり

 

その意味に対応する

 

動詞の活用形が付くよ。

 

 

、、、

 

あくまで

 

「〜することができる」っていう

 

基本的な表現のときは

 

「中立形」と「現在進行形」が付くって話ね。

 

 

 

 

中立形って記憶に残りづらいから貼っておく⬇︎

kenthashi.hatenablog.com

 

 

 

 

例文〜

 

 

 

ex)

・(彼は)トルコ語を話すことができる

*Türkçe(トルコ語) konuş-mak(話す)

 

 

➡︎Türkçe konuşabilir.

 

 

 

(「konuşabilir

 

 

動詞の語幹が「konuş-」で、

 

「子音」で終わっているから

 

「可能の接尾辞」は「abil」ですね。

 

そこに、中立形の「ir」が付いてます。)

 

 

 

「中立形」の形は

 

動詞の語幹の音節の数で決まるんだったね。

 

可能語幹(-ebil/-abil)のときは、

 

必ず「2音節以上」になり、

 

最後の母音が「i」だから、

 

「-ir」を付けます。)

 

 

 

・(私は)速く泳ぐことができる

*hızlı(速く) yüz-mek(泳ぐ)

 

 

➡︎Hızlı yüzebilirim.

 

 

 

(「yüzebilirim」を解体すると、

 

動詞の語幹「yüz-」に

 

「-ebil」を付けて「可能語幹」になります。

 

そこに「-ir」を付けて、「中立形」の形ですね。

 

さらに主語が「一人称・単数」なので、

 

「人称の付属語」の「im」が付きます。

 

 

、、、

 

あーすっきりした。笑)

 

 

 

・(あなたは)私説明を理解できますか?

*açıklama(説明)  anla-mak(理解する)

 

 

➡︎Açıklamam anlayabiliyor musun?

 

 

 

(「可能語幹」に

 

「現在進行形」の「-iyor」が付いてますね。)

 

 

(「私の説明」は「AのB」の形ですよー)

 

 

 

・(君は)ここ来ることができた

*bura(ここ) gel-mek(来る)

 

 

➡︎Buraya gelebildin.

 

 

(「gel-」に「-ebil」が付いて、

 

「可能語幹」の完成。

 

 

そこに「過去形」の「di」が付いて、

 

主語が「二人称・単数」だから

 

人称接尾辞」の「n」が付く。)

 

 

 

 

めっちゃ長くなったなーー

 

 

「可能の接尾辞」が

 

「〜することができる」って意味以外も

 

表現できるみたいだから、

 

次回へ続きます、、

 

 

以上っ!