1からトルコ語学んでみた

これから英語ですか?

Cafeに入って、これだけ言えば困らないトルコ語。会話例。超初心者向け!!

 

f:id:kenthashi:20181025083032p:plain

 

1. イスタンブールで一番大事なこと

  

イスタンブールに着いて、一番大事なことは

 

「Wifi」

  

です。

 

めちゃくちゃ大事でした。

 

オレの場合は、

滞在する予定のHostelだけは、日本にいたときに予約してあって、

現地で使えるスマホとかは全く用意してませんでした。

 

日本にいるときから海外SIM用意とかめんどくさかったし、空港に着いたのも深夜だったので為す術なし。

 

なので、

Wifiが使えるお店を探すのはとても重要でした。

(Wifiがあれば日本のスマホでも使えるからね)

スマホがないと自分が今どこにいるかもわかりません。

 

もちろん、現地着いてすぐにスマホを買ったり、現地のSIMカードをすぐに買えば問題はありませんよ。

(オレはめんどくさくてなかなか買えなかった)

 

ただ、何らかの事情ですぐに買えずに、しばらく日本のスマホだけで生活するとなったら、Wifiはかなり重要です。

 

、、、

 

で、

「イスタンブールぐらいの観光地ならフリーWifiぐらいあるだろ」って思ってたら甘いです。

 

フリーWifiはほぼないと思ったほうがいいです。

そして、あったとしても、トルコの電話番号が必要です。現地の電話番号でSMS認証が必要とかそういう話です。

 

なので、ここで頼りになるのが

 

「Cafe」

 

です。

 

店内でWifiが使える店がまあまああります。

 

イスタンブールにCafeは死ぬほどあります。

東京でいうコンビニ以上にあります。

 

で、

今回はオレが、

「WifiがあるCafeを探しているときに使ったトルコ語の会話」をメモっときます。

超初心者向けです。難しい表現は使いません。

 

でも、実際にトルコの人たちに通じたので、自信を持って使ってみてください。

 

2. これだけ覚えればOKの会話例

 

A=オレ B=店員

 

A : Merhaba.(こんにちは)

 

B : Merhaba.(こんにちは)

 

A : Burada Wifi var mı?(ここにWifiはありますか?)

 

B : Var.(あります)/ Yok.(ありません)

 

(Yokと言われたら、Tamam, Teşekkür ederim.(OK,ありがとう)と言って、店を後にしました。)

 

A : Tamam.(OK)

 

== で、店員さんに席に座るように誘導され、メニューが渡される ==

 

A : Bir çay lütfen.(紅茶を一杯ください。)

 

B : Tamam.(OK)

 

A : WiFi şifre alabilir miyim?(Wi-Fiのパスワードをもらえますか?)

*「şifre」のとこが文法的に間違ってるかもしれないけど、知らん。

 

B : Tamam.(OK)

 

== 店員さんにスマホを差し出す、パスワードを打ってもらう ==

 

A :Sağol.(ありがとう)

 

、、、

 

まあざっくりとこんな感じかなー

  

3. 今から使える簡単表現まとめ

 

で、

オレが使った超簡単な表現をまとめておくと、

 

〜 var mı? 〜はありますか?

 (〜ヴァル ム?)

これはめっちゃ使える。

 

〜 lütfen. / 〜をお願いします。(pleaseと同じ意味と考えてok)

(〜リュトゥフェン) 

 

〜 alabilir miyim?〜をもらえますか?

 (〜アラビリル ミユム?)

メニューもらえますか?とか、コーヒーもらえますか?とかよく使う。

 

あと、

 

Tamam mı? / OKですか?

 (〜タマム ム?)

もかなり使うね。タクシーで行き先を言って、Tamam mı?とか

「クレジットカード」って言った後に、Tamam mı?とか

重宝してる。笑

 

 、、、

 

 あと、店員さんにパスワード打ってもらうときは、

パスワードを表示させてスクショ(スクリーンショット)しておくといいよ。

パソコンとか違う機器にもWifi繋げたいし、二回打ってもらうのも悪いからね。

 

まーこんな感じかな。

 

イスタンブールに着いてもう1週間経ったわけですが、バタバタしすぎて全然ブログが更新できない。落ち着いてないです。

 

ただこれだけ言いたいことは、イスタンブールは、

 

人が多い。

 

Sağol☆